お知らせ:望みなき恋と光、完結



こんばんは。

イチ香(カ)デス。

・・・

ここで寝落ちw

改めマシテ、おはようございマス。

イチ香(カ)デスw

占いは、当たるも八卦、当たらぬも八卦。

と申しマスが、

花言葉も、人から言われた言葉も、結局は自分の取りようだよ、

という事をテーマに書いてマシタ。

この望みなき恋と光。

何て言うか、いちゃいちゃがないと、やっぱりイチ香(カ)は筆を進めるのが難しいデスw

イチャに逃げられないこの辛さ><

言葉のやり取りだけでイチャって、難しい~。

レーティング無しでがっつりとキュンかける作者凄い~と悶えていたら、

「・・・経験の差じゃない?」

え?

「あと、想像力?」

・・・え?

理数系の旦那様に、まさかの諭し。

「は、反省しマス。精進しマス」

本気で後ろ振り返ってしまいマシタ。

今週の金曜から天下一武闘会を控えている旦那様は、いつもと一味違ってる感じデスw



恋と光は番外編を予定していて、SCENEがムーンにしかないので、後ろにそのままくっつけるか、なろう用にSCENEを作るか検討中。

今は出来はともかく、ジェラルドとリアーヌの始まりが書けた事で満足デス。

色々と、勉強になった物語デシタ。



プライベートでは、1年で一番忙しい時期でもある3月。

デスが、例年より多忙での苦労感よりも、充実感の方が大きい気がするのは、

イチ香(カ)の成長だと信じたいw

恋と光が完結して一区切りまたついたので、また新しい気持ちで小説に向き合っていければと考えていマス。

それでは。

また次回の更新で。

イチ香(カ)デシタ。



2 Replies to “お知らせ:望みなき恋と光、完結”

  1. イチ香(カ)様

    おはようございます。
    恋と光、完結おめでとうございます!
    お疲れ様でした☆

    最終話を読ませて頂いて、改めて一話からじっくり読み返していました(*^^*)
    色々と以前は見えていなかった心情などが、詳しく書かれていたりして、あれ?見落としてた?少し捕捉あったかな?なんて、また別の視点からも楽しかったです☆

    すれ違ったまま互いを想いながらも重なる事なく生涯を終えたシルベストル様とロゼールの悲しみと、その記憶があるからこそ互いに踏み出せない、どこまでも相手を尊重しようとするジェラルド殿下とリアーヌの距離が切なかったです(。´Д⊂)

    いちゃのないキュンの難しさ、と書かれていましたが、直接的な行為はなくとも、指先のふれあいや吐息、視線、表情、服装や体格差で感じさせるときめき 受けた言葉に対しての反応、鼓動の速さや動揺する素振り。
    などなど、とても細かく書かれているので、切なさや想いが充分伝わって来るし、もどかしいほどのジレジレ感があって『きゅん』要素はちゃんと読み取れましたよ~(*^^*)

    ただ、イチ香(カ)様の持ち味のひとつとして、Rシーンでの抜群の表現力があると思います。
    常々感じていた事ですが、男女の行為の描写にキャラクターの心情を乗せるのがとても上手いと思います。

    幸せいっぱいの愛情
    とにかく相手の全てを求める欲求
    言葉に出来ないもどかしさをぶつける行為
    切なさを秘めた激しい願望

    など、その時々のキャラクターの心情が行為の描写と重なり、より深く より重く伝わってきて、どんどん引き込まれ作品の深みが増しているように感じています。
    なのでレーティングを意識して行為の描写のない作品はやはり『爽やか』や『あっさり』な印象を受けてしまうのかもしれませんね。

    でも私には、前世を生き抜いた大人の冷静さと、まだまだ成長途中の幼さを合わせ持つジェラルド殿下がとても魅力的に感じられました(///∇///)
    無事に想いが伝わって良かった~🧡

    ひとつ気になる点ですが、第1話でリアーヌが兄を三歳上と言ってます。
    リシャール様は王太子殿下と同じ歳でジェラルド殿下より八歳上ではないでしょうか?

    すみません長くなりました💦
    お忙しい時期との事、くれぐれも体調などご自愛下さいね(^^)d
    これからも楽しみにしています!
    お疲れ様でした☆

    1. Aria様

      コメントありがとうございマス。
      無事に完結出来マシタ。
      最後まで見守ってくださって、Ariaさん、本当に感謝デス^^

      追加とか補足はあまり入れていないのデスが、
      読み返して理解度が深まるという、イチ香(カ)がほかの作者さんに向けてきた作品への気持ちを、
      Ariaさんから感じられた事が凄く嬉しかったデス。

      それから、一話目の、年の話!

      ありがとうございマシタ。
      最初の年の設定はそれだったんデス。
      でも年表を作っている内におかしくなってきてw

      それで変更したのデスが、
      最初のとこで置いてけぼりの記載デシタ。

      既に修正入れてありマス。

      イチ香(カ)の描写の件、色々書いていただいて、
      凄く勇気が出マシタ^^

      自分が何を書きたかったのか、
      時々わからなくなる時があって、そこから這い出ようと書き書きする時期もあったりするので、
      読み手にどう伝わっているのか、こうして書いていただけると、
      とても嬉しいデス。

      本当にありがとうデス。

      一つの作品、その中の一章、その中の一ページ、その中のワンSCENE。

      書くごとに、もっと上手く思いを、想像を伝えられるよう、精進しマス^^

      これからもよろしくデス。

      春デスね。

      暖かくなったり、涼しくなったり。
      Ariaさんも風邪など召さないように、お気を付けて!

      それでは。
      また次回の更新で。

      イチ香(カ)デシタ。

コメントを残す

2 × 3 =