今夜、ロマンス劇場へ

※コメントは↑のタイトルをクリックした先で入力可能デス。お待ちしてマス^^(クリックが反応しない場合は、コメント可能なページまで移動出来てマス。このまま下までスクロールしてみてくだサイ^^) イチ香(カ)への全体的なコメントは、上のメニューから掲示板をご利用くだサイ

おはようございマス。

昨夜は、前から気になっていた邦画をプライムで鑑賞。

イルミネーションの記事を書く前デスねw

「今夜、ロマンス劇場で」

綾瀬はるかちゃん

可愛い。

予告を見た時は、オードリーヘプバーンのローマの休日??

という印象があったのデスが、

背景にちょっとそんな設定が見えたくらいで、

全然別の種類の物語デシタ。

オープニングから、色々と予想してしまう作品w

例えば、もしかしたらこれ自体が映画撮影中とか?

だって、それを思わせるセリフが散りばめられてミスリード大作戦発揮チュウ^^

でも、冒頭のヒントが後半でぐわっと蘇ってきて、

そういう事か~~~~

という納得と、

切なすぎる終盤にかけての涙がもう、ごうごうw

ごうごう><

でも、とっても素敵な純愛を堪能!

って感じの映画デシタ。

綾瀬はるかちゃんの衣装がもう、ヘアメイクがもう、可愛くて。

colorの世界にモノクロ。

この世界観は大好きデス。

とっても大好きな映画の一つに、Color of heartという洋画がありマシテ。

過去のブログに紹介した事あったかもデスw

TVのモノクロの世界に入り込み、

その中で、感情が現われるようにモノクロの世界に色がついて行くのデス。

恋を知った時の色の表現。

大好きな人とひと時を過ごした色の表現。

大切な人を想う色の表現。

イチ香(カ)に、色の素敵さを教えてくれたのはこの映画で、

「今夜、ロマンス劇場で」は、逆のパターンではありマスが、

やっぱり色がとても活用されていマシタ。

その色の表現法の一つに、はるかちゃんの衣装やヘアメイクが入っていたのかなと。

ラスト近くのマゼンタを混ぜた髪型が一番好き。

冴子さんの髪のイメージそのままだったので、興奮してしまいマシタ。

ケリの髪は、ジャネット・ジャクソンだったのデスがw

ラストSCENEの色づきは、やっぱりモノクロからだと奇跡のようで^^

ロマンス劇場のそういう部分が楽しめる方であれば、

Color of Heartもお勧めデス。

よかったら、騙されてもいい気の時に見てみてください。(←ハードル下げが大事w)



それでは。

また次回の更新で。

イチ香(カ)デシタ。



コメントを残す

2 × three =