タカラヅカ

※コメントは↑のタイトルをクリックした先で入力可能デス。お待ちしてマス^^
全体的なコメントは、上のメニューから掲示板をご利用くだサイ

 
こんにちは。
お久しぶりデス。

イチ香(カ)デス。

宝塚旅行。
行ってまいりマシタ^^

天は赤い河のほとり

面白かったデス。

構成が変わっていて、
物語ががっつり変わっていてw

とにかくぎゅぎゅっと凝縮されていて・・・。

うん。

展開早いな~。

うわ。

あのシーンは欲しかった><

と、まあw

見ている間に突っ込みはたくさん致しマシタが^^;

何かの勘が働いたのか、実は舞台を見るよりも先にプログラムを購入して、
お食事をしながらしっかりと舞台あらすじを予習していったので、
およそ裏切られたカンはなく、「あ~そういう事か~」と冷静に見続ける事が出来マシタ。

・・・原作ファンとしては、

なんていうか、

絶対に入れて欲しいシーン、とか。

セリフ、とか。

外せないエピソードとか・・・。

事前に原作ファンにアンケートとって作ったりした方が良かったのではないかな・・・とチラリw

もし実施した上であのあらすじになったのなら、

きっと宝塚という特性上なのかな・・・。

やっぱり男役が中心?

そうなると、女役エピよりも、どれだけ男子キャラを出してお客様の視界にさばく・・・なのかなぁ?

天は赤い河のほとり

という漫画の再現を期待していくとアウトかもw

少なくとも、イチ香(カ)は「物足りない・・・」という感想は否めず><

宝塚初体験なので、レビューが何か良く分からなかったのデスが、

イチ香(カ)は、天は赤い河のほとりが、2時間30分くいらで、
レビューはご挨拶程度だと思っていたのデス。

結果、「天は~」は100分ほどで・・・。

まあ、こんなに時間が短いなら、物語も凝縮するしかないのかな、と思いマシタ。

でも勿体ない~><

じっくり作り込めば、不朽の名作になれたのでは??

と、宝塚を良く知らないので口にしちゃいマスが、

もしかすると、外部の方が制約がなく、再現性の高い作品になったかもデスね~。

でも、こういう内容にしているという事は、
再現する事が目的ではなかった筈なので、さくっとまとめてOKなのか・・・な?w

原作にこだわらず、

全く別の、「天は赤い河のほとり」を見つけにいくって感じならOK!

なるほどね、と。
構成の弾き直しに感心しマス。

やっぱり、ティトのSCENEではウルウルしマシタし。
(ウルスラじゃないよね。そうだよね~)

でも、

でもでもでもでも!

とにかく全てをほっぽって、

一体何が凄かったかというと!

まずユーリ!

見た目や雰囲気は「まんま」だった。

(だからこそ、聴きたかったセリフとか観たかったシーンとか、残念感が満載なのでショウけれど・・・)

そしてカイル!

カイルカイルカイル~!!!

とにかく衣装がもうさすが! って感じの再現性だったので、
もう、舞台のいたるところに、漫画から抜け出たカイルがいるよ~

いるよ~

いや~、腰引かないで~

顎に手をやらないで~

悶えるから動くな~~!!!

こんなにニヤニヤしながら舞台を見つめていていいのでショウかw
客席に変態一人・・・w

大好きなカイルが・・・しゃべってる~歌ってる~

カイルの姿は舞台のどこにいても探し出せる!

もうまんまカイルがそこに存在している感じで、

「ヤバい~」と心の中で何度叫んだか。

動かない振りをしつつ、あちこちの筋肉がぴくぴくしてマシタよw

と思ったら・・・、

「天は~」が終了して、レビューになっても、

あれ? ・・・私、

真風さんを探し出せている・・・@@;

そう。

どんな役になろうと、
全然違うイメージの衣装に着換えて来ようと、

顔を見て真風さんが解ってしまった。

わかってしまった・・・、

しまった・・・、

しまった!

はまったのは、カイルが切っ掛けだったけれど、

どうやらイチ香(カ)は、真風さんに心を奪われていたらしいw

追加で、クリアファイル買いマシタ!

合計3冊。

お土産のお菓子も、3個入りの薔薇のマドレーヌも買いマシタw

どの組のトップさんより、真風さんが素敵に見えるから不思議~w

また演目を見つつ、真風さんに会いに行こう!

旦那様からの冷めた眼差しを受けつつ、

決意したイチ香(カ)なのデシタw

はあ~長くなりマシタが、

いったん小休止。

それでは。

また次の記事で。

イチ香(カ)デシタ。




コメントを残す

six − five =