ネズミ

※コメントは↑のタイトルをクリックした先で入力可能デス。お待ちしてマス^^
全体的なコメントは、上のメニューから掲示板をご利用くだサイ

おはようございマス。
イチ香(カ)デス。

イチ香(カ)は、クーラーよりも、縦長のお部屋の、玄関を開け、
ベランダの窓を網戸ごと全開にして、

風をヒューヒュー通すのが大好きでw(風通し良いんです)

あれは、世間ではGW二日目の日曜日のこと。
夜20時過ぎに、そろそろ虫が入るかな~と、玄関を閉め、

その玄関近くのキッチンをいつも通り占有してPCをカチカチ。

旦那様は目線の先でアメリカのTVドラマ、ヒーローズをプライムで連続激見しててw

深夜1時。

ガサ。

「・・・?」

まさかゴキ?

まるでホラーのワンシーン。

気配を探るようにゆっくりと振り向き、

「・・・気のせい?」

 何もなし。

でもしばらくすると、また何かが動く気配。

ふ――――――と、誘われるように立ち上がり、
一段下がった玄関をタイルを覗き込むと、

「チュチュチュチュチュ~」

影に隠れていた

ネズミ!

ネズミ!

もうでっかいネズミが!!!!

30センチくらい走って、旦那様手作りの剥き出しの靴箱の隅の方へ!

「だ、だ、だ、だ、」

刺激しないようにゆっくりと動き、

「旦那様! 旦那様!」

叫ばないように、冷静に呼びかけ(この時のイチ香(カ)は、今思い出しても素晴らしかった!)

「何?」

プライムを一時停止し、

邪魔ですけど、的な雰囲気がチラリと見えても全然気になりません!

だってそこに、今何よりも凄いのがある、いや、いるから!

「ネズミ!」

「は?」

「ネズミがいる!」

「・・・まさか」

「ほんとってば」

「見たの?」

「見たよ」

疑いの目。

「見たってば~、もうはっきり! この眼で! 超でかい!」

手振りで大きさを伝えると、旦那様もさすがに信じてくれて、

そっと玄関を開け、ホウキを取り出した。

「中に入らんように隙間埋めなくちゃ」

中に入られたら堪らん!

旦那様が索敵を開始したと同時に、

玄関から目隠しにおいてある棚の下の隙間とかを箱とかふさいで、

続き部屋の入口に、キッチンのベンチシートを倒し、

これで壁を駆け上られたら諦めるか。

までは覚悟を決め、

「・・・つつくよ」

ガタ、

「チュチュチュチュチュ~」

「マジでいた!」

叫びながら、玄関の外へと、

ネズミを叩き出し!

出た!

戻ってきた!

「うわ!」

反射的二発目、

出た!

もう旦那様もネズミも一瞬のうちに、宇宙規模の大パニック!

「・・・行った?」

「行った」

ネズミの後ろ姿を見送ったらしい旦那様が、

激闘を終えて帰還。

「うお~、まじでデカかった」

「でしょ!?」

「イチ香(カ)が玄関開けてるからだろ」

「10年開けてるけど、ネズミ入ってきたのとか、初めてだし!」

「もうヒーローズに戻っていい?」

「・・・どうもありがとうございマシタ」

夜中1時過ぎの話デスよ。

悲鳴あげなくて良かったデスよ。

これでネズミ侵入事件は収束へ・・・

――――――――――――とは、なりませんデシタよ。

続きマス(。・ˇ_ˇ・。)




コメントを残す

ten + 13 =